香港内で幼稚園児の誘拐未遂事件が連続発生

更新日:2016年12月05日
LINEで送る
Pocket

幼児誘拐

九龍塘と香港仔(アバディーン)で幼稚園児の誘拐未遂事件が連続発生しています。少し前にも元朗(ユンロン)で2件の誘拐未遂事件が発生しています。どの事件も容疑者が特定されていないため、小さなお子様をお持ちの方は十分にご注意ください。

九龍塘の事件は11月30日の昼頃に発生、MTR九龍塘駅周辺で中年男性に男の子が手を引かれましたが、男の子が驚いて声を上げたため犯人は逃走。香港仔(アバディーン)の事件では、通園する女の子が交差点で信号待ちをしている際に、見知らぬ男性に抱きかかえられそうになり、そばにいた親が阻止。また、元朗(ユンロン)では、幼稚園付近で父親のフリをする北京語を話す男性が子供を連れ去ろうとする事件が2件連続で発生しました。

これらの事件の他にも、香港内で幼稚園児が連れ去られそうになる事件は時々報道されており、子供に「No」と言えるように練習をさせることも必要とされています。当社スタッフは、子供に対して中国語で「あなたじゃない!私はママがいいの!」と叫ぶ練習を何度もさせている親を道端で見かけました。

小さなお子様がいる方は、一緒に歩いている場合でも、お子様から目を離さないようにお気を付けください。