パーマネントIDカードが取得できる年齢

香港居住に必要なビザを保有し7年経過した場合でも、11歳未満の場合はパーマネントIDカードは取得できません。ただし、永住権(Right of Abode)の取得申請は可能であり、永住権取得の際は取得証明がパスポートに転記されます。(Holder’s eligibility for Hong Kong permanent identity card verifiedと記載されます。)

「永住権所有者」と「パーマネントIDカード所有者」の居住資格は全く同じであり、IDカードを手元に持っているかいないかの違いであるとお考えいただいて差支えはありません。11歳未満の子供はIDカード発行までの期間、パスポートにて同様の居住資格を証明できます。

なお、永住権を取得するものが11歳の誕生日を迎えると、パーマネントIDカードの申請が可能となりますが、18歳未満の申請者の場合は、保護者および保護者のサインが申請時に必要となります。

ビザ取得について質問がある方は、いつでも当社までご連絡ください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス