香港イミグレーションの外国人受入れ人数

香港イミグレーションは、外国人に発行した就労・投資ビザの発行数を公表しています。

ビザ審査の基準は大きく分けて、GEP基準とIANG基準がありますが、以下の表は最も一般的であるGEP基準でのビザ発行人数となります。

GEP基準(General Employment Policy:一般就業政策)とは、ほとんどの日本人が取得しているビザにおける審査基準であり、原則として香港人では代替することが困難な専門的技術や経験を持つ者がビザ申請をおこないます。

IANG基準(Immigration Arrangements for Non-local Graduates)とは、香港の大学以上を卒業した日本人が社会人になる場合に申請するビザの審査基準です。就労先が決定していればほとんどの場合で就労許可が与えられます。

香港イミグレーションの外国人受入れ人数

2012年、2013年の「その他」には弁護士・法律家、医療専門家、シェフ・飲食業専門家が含まれています。

ご不明な点は、当社までお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス