家族ビザには就業制限がないって本当ですか?

香港の扶養家族ビザは就労ビザや投資ビザなどに比べて制限が緩く、現時点では就労や就学をはじめ株主や役員に就任して会社運営をおこなうことも可能です。

家族ビザのスポンサーである婚姻関係者や家族関係者が何らかの事情で不在となった場合は、ビザの残存期間中のみの滞在しか認められなくなるため、以下などの対応が必要です。

・就業先を探して就労ビザを申請する。
・起業をして投資ビザを申請する。

・学生であれば学生ビザを申請する。

ご質問がある方は、いつでも当社までご連絡ください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス