パスポート有効期限がビザ延長期限より短い場合

パスポートの有効期限がビザ延長期限より短い場合、ビザはパスポート有効期限の1週間前までしか発行されませんので、ビザ延長の際はパスポートの有効期限に注目いただいた上で延長申請をおこなってください。

通常、パスポートの更新手続き(切替発給)は1年前から更新が可能となりますが、ビザの延長申請との兼ね合いで1年以上前に更新をおこなった方がよいことが認められた場合は、香港の日本領事館窓口にて有効期限が1年以上前であってもパスポート更新がおこなえます(最終判断は日本領事館が行います)

例えば、就労ビザの更新により3年間のビザが発行されるが、パスポートの有効期限が3年未満のとなっている場合は、事前に日本領事館へ相談することをお勧めします。

ご質問がある方は、いつでも当社までご連絡ください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス