Top-tier employment(一流従業員)

香港で就労ビザを取得すると、通常は2年、3年、3年という順番でビザが許可されますが、Top-tieremployment(一流従業員)ビザを申請し、香港イミグレーションに認められた場合は一気に6年間のビザが発行されることになります。

Top-tieremployment(一流従業員)としてビザを申請するための条件は2点あり、GEPまたはASMTPの基準にあるプロフェッショナルとして香港で2年以上就業していること、かつ、香港での給与所得申告額が年間200万香港ドルを超えていること、となります。

上記の条件を満たしている方は、Top-tier employmentビザを申請すると大変便利です。
必要に応じて当社にてサポート致します。

Top-tier employmentの申請に必要なもの

・パスポートコピー
・香港IDカードコピー
・就業証明書
・申請書 (ID 91
・扶養家族の方 (ID 481A , ID 481B
・前年度の税務申告書(200万香港ドルを超えている証明)

注意事項

パスポートの有効期限がビザの発行期限に満たない場合は、パスポートの有効期限の1ヶ月前までしかビザが発行されません。例えば「2014年1月に2年のビザ更新」を迎えている場面で、パスポート有効期間が「2015年1月迄」であれば「2014年の12月」までのビザが発行されます。

Top-tier employmentの申請及び、ビザ延長でお困りの際は当社までお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス