ビザラベル(シール)取得後にすべきこと

ビザの許可がおりた後は、ビザラベル(シール)が発行され、ご自分のパスポートの空白ページにビザラベル(シール)をお貼り下さい。この時点では、まだビザが有効ではないため、発行書類に記載されている期間内(通常90日)にビザのアクティベートをおこなって下さい。手続きの方法は以下をご参考ください。

ビザ取得者が香港にいる場合

一旦、香港からの出国が必要となります。出国先は深センやマカオでも結構です。

出国後は、再度香港へ再入国し、香港イミグレーション(入境審査)の職員にビザシールが貼られているパスポートページを開いて提出してください。入境審査の列は複数ありますが、「Visitors」ではなく、「Hong Kong Resident」の列に並ぶ必要があります。その後、イミグレーションの職員によりビザを有効とするスタンプが捺印され、ビザが有効となります。

ビザ取得者が香港にいない場合

香港へ入国する際に、香港イミグレーション(入境審査)の職員にビザシールが貼られているパスポートページを開いて提出してください。入境審査の列は複数ありますが、「Visitors」ではなく、「Hong Kong Resident」の列に並ぶ必要があります。その後、イミグレーションの職員によりビザを有効とするスタンプが捺印され、ビザが有効となります。

ビザ有効後は、30日以内に香港IDカードの申請・取得が必要です。

詳しくは「香港IDカード申請・取得手順」ページをご覧ください。

ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス