銀行口座残高を提出する必要性

香港の経済活動をしていることの証明、およびスポンサーとして十分な備えがあることを説明するために銀行口座残高を提出することをお勧めします。就労ビザ申請フォームでは、過去2年間の売上を記載する必要がありますが、銀行口座はそれを補う資料となります。

また、ビザの取得条件の一つとして、香港経済に貢献することが条件となります。香港経済への貢献とは、売上を上げること、香港人雇用を増やすこと、事務所や店舗を構えることなどです。銀行預金残高を提出することで、事業計画の裏付け資料としても活用できます。

特に投資ビザの場合は、相応額の資本金を入れることが条件となっているため、銀行口座残高は証明資料として必須となります。

ご質問がございましたらお気軽に当社にお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス