研修ビザの延長やビザの切り替え

研修ビザを申請する際は、研修期間と研修内容をあらかじめイミグレーションで審査してからビザを取得するため、研修ビザの取得後は研修期間を延長することができません。

研修期間は最長で12ヵ月となっており、12ヵ月以上の研修は認められません。

研修ビザから他のビザ(就労ビザなど)への切り替えはできないルールとなっています。
就労ビザを取得したい場合は研修期間の終了後に、日本に一度帰国され一定の期間が経過した後に改めて就労ビザを申請していただくことになります。

そのため、将来において就労ビザ取得の可能性がある方については、研修ビザの取得時に就労ビザも考慮されることをおすすめします。

ご不明な点についてはお気軽にお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス