就労・投資ビザのスポンサー変更(スポンサーチェンジ)

転職先が内定し、スポンサー企業(現雇用先)を変更する際は、イミグレーションにてスポンサー変更(スポンサーチェンジ)の手続きが必要です。
スポンサー変更手続きをおこなう申請者は過去に「ビザの許可がおりた方」となりますので新規ビザ申請に比べ審査がスムーズに行われます。審査期間は4週間~6週間ですが通常より早くなることが殆どです。
スポンサー変更であってもビザ戦略を慎重に考えた上でスポンサー変更の手続きをおこなうことが重要です。

イミグレでは新規ビザ申請と同様に以下内容が審査されます。

・新規スポンサー企業の会社審査。
・新規スポンサー企業に申請者の空席ポストがあるか。
・申請者の能力が、新規スポンサー企業での空席ポストに適しているか。

・新規スポンサー企業での役職・担当業務・給与金額が前会社と比べて大きく乖離していないか。

基本的にこれらに問題がなければスポンサーチェンジはスムーズに完了すると思われます。
問題があると判断された場合、イミグレより問題箇所の指摘が届くので対応が必要となります。

極端ではありますが「製造業→飲食店」などと内容が大きく変わる場合は審査が通常に比べて厳しくなるので、このような場合は当社へご相談ください。

なお、スポンサーチェンジには前スポンサー企業の退職証明書が必要となりますので、退職される際は円満退職を心がけてください。また、ご家族のビザの変更は不要です。

ご不明な点がございましたらお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス