ビザ申請者の給与額設定について

イミグレーションに提出するビザ申請書類の中に給与額を記入する項目があります。
ビザ取得を考える上では、低い給与設定額よりも高い設定の方が有利です。

(なお、給与設定額における条件はイミグレでは定められてはおりません)

給与を低く設定すると「香港人でも十分できる仕事なのではないか?」とイミグレ担当官に判断され可能性があります。香港の立場としては、外国人の受入れよりも、香港人の雇用促進が重要なため、できる限り高い給与設定額で、香港人には代わる事のできない人材というアピールが重要となります。

ただし、闇雲に給与額を高く設定することはおすすめできません。
ビザ申請をおこなう際に記入する給与設定額はあくまでも「予定」ではありますが、ビザの延長(更新)などのタイミングで、ビザ申請時の給与額と現在の給与額に大きな乖離がみられた場合、イミグレより合理的な説明を要求される可能性もあります。

その為、給与については無理のない範囲で設定することをおすすめします。

ご質問がございましたらお気軽に当社にお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス