ビザ申請者の職業経歴について

イミグレーションが定めるいくつかのビザ審査項目の中に「職業履歴」があります。

香港としては香港経済に貢献できると考えられる「優秀な人材」を受け入れたいため、職歴履歴項目ではビザ申請者の「高い技能資格、専門能力、実績や経験」をアピールすることが大切です。

また、雇用先企業(スポンサー企業)にて経歴を活かせる空席ポストがあることも重要です。

なお、香港イミグレーションは「香港人では代わりが務まらないこと」を重要視します。

そのため学歴以外にも重要視されるポイントとして、日本にある技術や技能を持っていること、日本企業への営業力が強いこと、同業種での長期間の経歴などが該当します。

イミグレが求める職業履歴に満たない場合、ビザの許可がおりない可能性がありますので、当社では取得の可能性を高めるために以下に注目し申請書類を作成しています。

・申請者とのインタビューによって様々な角度からビザ戦略を考えます。

・当社ではイミグレが重要視する点をうまく強調しながら書類を作成し、ビザ申請をおこないます。

なお、ビザ申請者が職業履歴の条件に満たないと感じている場合でも、様々な視点により条件を満たせるアピールポイントが見つかる場合もありますので、ビザ取得をご希望の方は一度当社にご相談ください。

香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス