投資ビザや就労ビザが許可される確率

投資ビザや就労ビザを取得するためには、イミグレーションが定める一定の条件を満たす必要があります。

例えば就労ビザの場合、香港人では遂行することが難しい業務内容・役職であること。また投資ビザであれば、一定の資本金を入れて事業を行うことなどが挙げられます。加えて両ビザとも香港経済に寄与することが前提条件となっており、事務所設立、香港人雇用などを行うことにより、ビザ取得の可能性が高まります。

当社へビザ申請のお問い合わせて頂いた際に、基本情報をもとにビザ取得の可能性を検討、お伝えいたします。

万が一、ビザ取得の可能性が低い場合でも、様々な視点により条件を満たせるアピールポイントが見つかる場合もありますので、ビザ取得をご希望の方は一度当社にご相談ください。

ご不明な点などがございましたらお気軽にご連絡ください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス