ビザ取得
当社で

ビザ申請

を行うメリット
  • ビザの審査基準を満たす緻密なビザ戦略を考えます。
  • 他社で断られた案件でも、ビザ取得の可能性を探ります。
  • 素早くビザ申請結果を伝え、お客様には不安を与えません
  • ビザ更新やビザ変更などのアフターフォローも万全です。

香港でのビザ取得の必要性について

日本のパスポートで香港に継続して滞在できる期間は90日間以内と定められていますが、これは短期訪問・観光目的のみに限られます。香港内でのビジネス活動や継続して90日間を超える滞在をおこなうためには、就労ビザ、投資ビザや家族ビザなどのビザが必要となりますので注意が必要です。適切なビザを持たずに香港での就業や就学をおこなうと、罰金や禁固刑に処される可能性がありますので、事前に必要なビザを確認し取得することが重要です。取得するべきビザが分からない場合は、当社までお気軽にご相談ください。

ビザ取得の現状

香港ビザの審査基準は他国に比べて厳しいと言われていますが、香港イミグレーションが定めているビザ取得の条件を十分に理解し、要所を押さえて申請書類の作成をおこなえば、基本的にビザ申請がリジェクト(却下)されることはありません。大学卒業資格が必須である。飲食店や特定の業種ではビザ取得ができない。などの誤った情報も出回っていますので、ビザ取得をお考えの際は周辺情報に惑わされずにビザの専門家である当社にご相談ください。また、ビザ申請に一度失敗してしまうと、再申請によるビザ取得は困難となります。英語が得意な方であってもビザ申請の際は、専門家への相談や依頼をおこなうことが大切です。

申請可能なビザ一覧と費用

就労ビザ / Employment Visa

就労ビザ / Employment Visa
取得サポート費 13,000香港ドル
内 容 従業員として香港で働くため必要なビザであり、香港経済の発展に有益な知識、技術等を有しているかなどが重要な判断基準となります。雇用主(スポンサー)とビザ申請者の両方が審査基準を満たす必要があります。

投資ビザ / Investment Visa

投資ビザ / Investment Visa
取得サポート費 15,000香港ドル
内 容 香港法人の株主が、香港に滞在して事業をおこなうために取得するビザです。申請者の知識・技術や関連分野での経験に関する資料をそろえ、詳細な事業計画や雇用計画などの資料をそろえてビザ申請をおこないます。

扶養家族ビザ / Dependant Visa

扶養家族ビザ / Dependant Visa
取得サポート費 3,000香港ドル
内 容 香港で就労する方の家族(配偶者、18歳未満の未婚の子供、60歳以上の父母)が取得するビザです。現時点では扶養家族ビザでの就労や就学が認められており、比較的制限が緩いビザとなっています。

研修ビザ / Training Visa

研修ビザ / Training Visa
取得サポート費 13,000香港ドル
内 容 香港法人で12か月以内の研修を目的とする方が取得するビザです。研修先となる香港法人が確定している事が前提となり、香港でしか得ることのできない職務経験や特殊技能を習得することを主な目的とします。

永住権 / パーマネントIDカード

永住権 / パーマネントIDカード(PIC)
取得サポート費 3,000香港ドル
内 容 香港で連続7年以上、有効なビザを保有しながら居住している外国人が申請できます。永住権取得者にはパーマネントIDカードという身分証が与えられ、就業や転職、起業などに関する制約がなくなります。

ビザの延長(更新)

ビザの延長(更新)
取得サポート費 3,000香港ドル
内 容 ビザの期限が近付いている方へ延長(更新)サポートを致します。ビザの延長申請は期限の4週間前から提出可能ですので、ビザの期限が過ぎないように余裕を持ってご依頼いただくようにご注意ください。

その他のビザ

取得サポート費 お問合せ下さい。
内 容 ワーキングホリデービザ、学生ビザなど上記以外のビザの取得をはじめ、ビザの種類変更、トラベルパス、APECビジネストラベルカードなどの取得をご希望の方についても当社にお問合せいただければ対応可能です。

資本投資移民ビザ / CIES

資本投資移民ビザ / CIES
取得サポート費 50,000香港ドル ※ 現在受付中止
内 容 海外から香港への投資を促進するために設けられたビザです。株式、債券や保険投資などで1000万香港ドル以上の香港への投資をおこなった人に香港居住権が与えられる制度でしたが、2015年1月からは受付が停止されており、現在のところ受付の再開は未定となっています。

香港ビザを取得する上での重要事項

香港ビザを取得するためには、香港イミグレーションの一定条件を満たさなければなりません。
特に重要な条件は以下であり、これらを満たせない場合はビザ取得が困難となります。そのため、英語や中国語が得意な方でも当社のような専門家に相談した上で、申請をおこなうことをおすすめします。

・申請者のビザを許可することで香港人の雇用が見込まれること。
・ビザ申請者が香港経済の発展に貢献できる可能性があること。

・香港人には遂行困難な業務内容やポジションであること。

ビザの取得条件を満たしたいがために申請書類に虚偽の記述をおこなったり、過去に提出をしたビザ資料と新たに提出をおこなうビザ資料の内容が一致していない場合、ビザが許可されないだけでなく、それ以上の大きな問題に発展する可能性がありますのでご注意ください。
一度、ビザ取得に失敗してしまうと再取得は非常に困難となることも合わせてご理解ください。
ビザ取得詳細とFAQ お申し込み・お問合せ
メールアドレス