香港マクドナルドを中国企業が買収

更新日:2017年01月10日
LINEで送る
Pocket

マクドナルド 買収

昨日、米マクドナルドの中国・香港事業を中国の国有複合企業「CITIC(中国中信集団)」が買収すると発表をし、香港各紙を賑わせています。新しい運営会社の持ち株比率はCITIC(中国)が52%、米系ファンドのカーライル(米国)が28%、マクドナルド(米国)が20%となり、株式の過半数を中国企業が保有することになりました。

ここ数年、香港の有名コーヒー店「Pacific Coffee」、日本生まれの「Pokka Cafe」、「Italian Tomato」、「とんかつ銀座 梅林」、香港創業の定番スイーツ「許留山」など、多くの飲食店の香港での営業権が中国企業に買収されてきました。

反中姿勢を貫く香港のメディア「アップルデイリー」は、マクドナルドが中国企業に買収されることについて、街角インタビューとインターネット調査をおこない、香港市民から届いた声を以下のように紹介しています。

・マクドナルドの品質が保証されなくなる。もう行かないかも。
・食材の仕入れ元が中国系企業だったら食べる回数が減るかも。
・元々マクドナルドは食べないけど。中国系企業になるなら今後はもっと食べないな。

・犬の肉が混ざったハンバーグが売られるかも。

現在マクドナルドは中国・香港で合計2600店以上を展開していますが、中国の消費者の嗜好に合わせてメニューを見直すほか、今後5年間で中国の地方都市を中心に1500店以上を新規出店するようです。