香港の大気環境が改善するも中国は深刻

更新日:2017年01月06日
LINEで送る
Pocket

大気汚染

2016年度の大気汚染データを香港の環境保護署が発表しました。政府が掲げている改善目標値には満たなかったものの、2015年に比べて約50%程度の大気環境の改善がみられました。

しかし、香港からの約100キロ先に位置する中国大陸広州市では、光化学スモッグ警報の発令と同時に、市民に対してマスク着用を呼びかけるほどの深刻な状況となっています。香港天文台は「広州市で雨が降らず、風向きが北風と変わることで香港の大気にも影響を及ぼす」との見方を示しています。

なお、掲載写真はネットユーザーにより投稿されたもので、大気汚染が深刻化している北京と上海の間を真っ白な新幹線が走行するとこのような状態になるのだとか。冬場の大気汚染は北京からはじまり、上海、広州、香港と流れて被害を受けることも多いため、今後の大気汚染には注目する必要がありそうです。