2017年の香港 新たな行政長官は誰に

更新日:2017年01月03日
LINEで送る
Pocket

20170103

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年も香港内の重要ニュースを配信すると同時に、香港での会社設立や会計業務などの企業サポートをおこなってまいります。

今年、最初の香港ニュースです。毎年恒例の、真の民主化を訴えるデモ行進が今年も1月1日に開かれ、9,150人(警察発表では4,800人)がコーズウェイベイからセントラルにかけて行進をおこないました。

今回のデモでは、香港独立派の議員4名が中国政府の意向で資格剥奪となったことへの抗議活動がメインとなりました。資格剥奪者である議員4名の裁判費用を補うことを目的とした募金箱も設置され、合計183万香港ドル(約2800万円)が集まったとも伝えられています。

なお、今回のデモ行進の参加者は例年より少なく、2010年以来の最低水準となったようです。インタビューを受けた主催者は「近年、デモは効果がないと考える人が増えて残念だが、募金は予想以上に集まり感激した。」とコメントをしています。

今年の香港は、現在の行政長官(日本の総理大臣)である梁振英が次期選挙に出馬しないことを表明しており、2017年6月に就任することとなる行政長官が誰になるのかが注目されています。大きな変化がある年になるかもしれませんが、皆さんにとって良い一年となることを願います。