千歳空港大混乱 2000人以上の香港人が足止め

更新日:2016年12月28日
LINEで送る
Pocket

中国人

北海道での記録的な大雪が影響をして新千歳空港の多くのフライトで遅延・欠航が発生しており、最高時で2000人以上の香港人が足止めされていたことがわかりました。2週間以上も振替便が取れない乗客や、帰国のために東京や名古屋まで陸路で移動して香港行きの便に搭乗する香港人もみられているようです。

日本のニュースでは、中国人100人以上が大暴れをし、搭乗ゲートを許可なく乗り越えたり、空港職員の女性を押し倒すなどの問題が起こっていると報じられていますが、香港のニュースでは「中国本土の中国人」と強調した上で今回の暴動について報じられていました。

また、騒ぎとなった当日に千歳空港内にいた香港人数名に香港メディアがインタビューおこなったところ、「カオス状態だった」、「床で睡眠する人を踏みつけながら歩く人が続出していた」、「空港内売店の食料や水が奪い合いになっていた」、「毛布などの提供が不十分だった」、「航空会社へ問合せしても予定がわからないと言われた」、「航空会社がコントロールできる範囲を超えていたことは理解できるが、それでも対応は不十分だった」などの回答があり、当時の状況が非常に厳しいものであったことがわかります。