iPhone7発売当日、イミグレが500台以上没収

更新日:2016年09月20日
LINEで送る
Pocket

20160920

9月16日(金)にiPhone7が香港・中国本土で同時発売され、転売目的の中国人バイヤー(運び屋)が香港に押し寄せました。

しかし、中国の法律では中国本土に持ち込める携帯電話は1人1台、2台以上の持込みには本体価値の15%を税関に支払う義務があるため、香港から闇で持ち込もうとした60名以上の運び屋による500台以上(約4,600万円相当)のiPhone7が中国イミグレーションで没収されるという事件が発生しました。

香港アップルストアでのiPhone7の最も安いモデルの販売価格は約73,400円、中国本土では約82,300円となっていますが、転売によりさらに1台4万円から5万円を上乗せして利益が獲得できることから中国大陸人にとって香港でのiPhone7購入は非常に魅力的のようです。更に、新カラーのジェットブラックのiPhone7 Plus 256GBに至っては13万円程度上乗せしても販売できると専門家は分析しています。

なお、今回没収となった500台以上のiPhone7は、皮肉にも中国政府の財源とするため中国国内のオークションで販売をおこなうと政府が発表しています。