香港最大の英語新聞「SCMP」中国語ページが突然閉鎖

更新日:2016年09月12日
LINEで送る
Pocket

中国語版 閉鎖

香港最大の英語新聞「サウスチャイナ・モーニングポスト(以下:SCMP)」の中国語版WEBページが9月9日に突然閉鎖となりました。SCMPは香港のイギリス領時代(1903年)から発行されている伝統のある英字新聞です。

中国語版ページが閉鎖となった原因について多くの香港メディアは、資金的な問題ではなく政治的問題を疑っています。以前SCMPは文化大革命50周年の記事の中で、中国にとって好ましくない中国政府野党(左派)について触れた文章を転載したとして、ウェイボー(Weibo/中国版ツイッター)とウィチャット(Wechat/中国版Line)のアカウントが閉鎖されたことがあり、2016年4月からは中国企業であるアリババ集団がSCMPを買収して運営していることから政治的な背景が関係しているのではという見方が強くなっています。

今後、SCMPの言論の自由が脅かされるのではないかという心配の声も上がっています。