香港政府開発の大人気、不人気アプリ

更新日:2016年04月21日
LINEで送る
Pocket

携帯アプリ

2015年8月までに香港政府は3,800万香港ドル(5億4千万円)を予算を投下し、127個のアプリを開発しています。大人気アプリベスト3、大失敗アプリワースト3をご案内します。

■香港政府開発の大人気アプリ、ベスト3

1位 : 香港天文台(My Observatory)
香港人口の約70%が使用している天気予報アプリで、ダウンロード数は約520万回。天気、気温、湿度、警報、9日間予報も随時更新されおり、香港生活には欠かせません。(中国語・英語対応)

2位 : 香港電台隨身版(RTHK On The Go)
香港と全世界の主要ニュースが観れるアプリで、ダウンロード数は約163万回。動画ニュースや交通情報も随時アップされています。(中国語のみ)

3位 : 香港乘車易(Hong Kong eTransport)
出発点と終点を入力することで目的地までの最適な移動手段を教えてくれるルート検索アプリで、ダウンロード数は約137万回。公共機関の利用者にはとても便利。(中国語・英語対応)

■香港政府開発の大失敗アプリ、ワースト3

1位 : Eye Care課程
子供の眼をケアするための知識を得るアプリで、ダウンロード数はわずか89回。

2位 : 修理景賢里
歴史的建物を紹介するアプリで、ダウンロード数は200回。現在は閉鎖。

3位 : 配對@景賢里
歴史的建物を紹介するアプリで、ダウンロード数は233回。現在は閉鎖。

不人気アプリに対して香港市民は「税金の無駄遣いだ!」とクレームを発信していますが、香港政府は、広告宣伝をおこなうと共に、アプリの改善を図ると伝えています。果たしてうまくいくでしょうか・・・

香港政府開発のアプリ一覧は政府サイト(http://www.gov.hk/en/about/govdirectory/mobileapps.htm)で紹介されています。興味のあるアプリを見つけたら、ダウンロードしてみてください。