香港ドルは将来消えるのか?

更新日:2016年04月07日
LINEで送る
Pocket

香港ドル

香港大学とロンドンビジネススクールが225人のビジネスエグゼクティブを対象に「今後の香港ドル」についてのアンケートを実施しました。

その結果、回答者の62%が「将来、香港ドルは消え、人民元となる」。と回答し、その多くが今からでも香港の各店舗は人民元での支払いを受け入れるべきだと答えていたことがわかりました。

香港ドルは米ドルとのペッグ制ということもあり高く評価されている通貨ですが、ロンドンビジネススクールの経済学教授のリンダさんは、香港の一国二制度が終了すれば、香港ドル使用の終了もまぬがれないだろうとコメントしています。

一方で、香港ドルが消えることで世界金融センターとしての香港の位置づけが失われると75%が回答。そして、40%以上が人民元は10年以内にユーロ、ポンド、米ドル、日本円と肩を並べる主要通貨となるだろうと考えているようです。

今後、人民元の重要性は無視できないものになりそうです。