内閣府と金融庁が、銀行とマイナンバーにおける方針を発表

更新日:2016年02月24日
LINEで送る
Pocket

銀行マイナンバー

2月18日、「非常に不便!日本の銀行とマイナンバーの紐づけ」により海外居住者の日本口座と海外口座間での送金・入金ができなくなる可能性をお伝えしました。

この問題は日本国内でも大きな話題となり、一昨日(2月22日)に内閣府と金融庁が「非居住者であっても金融機関への正式な届け出により、マイナンバーがなくても海外から日本口座への送金や、日本での引き出しが可能である」と発表をおこないました。しかし、日本口座からの海外送金については触れられておらず、詳細はわからないというのも事実です。

この発表を別の角度から捉えると、正式な届け出をしなければ問題が発生するとも読み取れる内容であるため、いずれにしても日本の銀行口座を利用する海外居住者は引き続き、注意が必要となります。

内閣府と金融庁の2月22日の発表の全文は、内閣官房のウェブサイト(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/)でご確認ください。

香港BSでは今後もマイナンバー制度の動向に注目して情報を配信していきたいと思います。