やっちゃダメ、旧正月期間のタブー

更新日:2016年02月04日
LINEで送る
Pocket

正月のタブー

香港は2016年2月8日(月)から10日(水)まで旧正月で連休となります。香港では旧正月期間にやってはいけない習わしがありますので、皆さまにご紹介します。

1.髪の毛を切ってはいけない

散髪は幸運を切り落とすとされています。また、家の中にあるハサミをはじめ、尖ったものは片づけなくてはいけません。

2.お風呂(シャワー)で髪の毛を洗ってはいけない

散髪と同様に、幸運を洗い流してしまうとされています。

3.本を買ってはいけない

広東語で本を発音すると「しゅー」。負けるという単語の音と非常に似ているため。

4.靴を買ってはいけない

広東語で靴を発音すると「はいー」。香港人がため息をつくときの音と同じであるため。

5.泣いてはいけない

元日に泣くと、1年間泣いて過ごすと言われています。子供の行儀が悪くても最小の注意にし、大目にみる慣習があります。

6.借金は返さなくてはいけない

元日に借金があると、借金で終わる1年になると考えられています。物を借りるのもNG、ライターの火を借りることも良くないとされています。

7.縁起の悪い話をしてはいけない

誰かの死や幽霊の話をするのはタブー。汚い言葉を使うのも良くないとされています。

8.掃除やゴミ捨てをしてはいけない

日本の風習と同じく、掃除により幸運も捨てるとされています。旧正月前に大掃除をし掃除用具は片づけましょう。

反対に、縁起が良いとされているのは、窓を開けて幸運を呼び込むこと、赤い服を着ること、赤い下着を着ればさらにポイントアップだそうです。

ネット上では旧正月のタブーに関して他にも噂が飛び回っていますが、今回はHelpers for Domestic Helpersという団体が香港の家庭で働くヘルパー向けに発表している旧正月中の慣習を参考にしました。

他にも縁起の良いこと、悪いことをご存知の方がいれば、ぜひコメントをください!

メールアドレス