深センで地滑り発生、33棟の工場が一瞬倒壊

更新日:2015年12月21日
LINEで送る
Pocket

深セン地滑り

昨日20日午前11時40分頃、中国深セン市の工業エリア光明新区工業園で大規模な地滑りが発生、一瞬にして工場や宿舎を含む33棟が倒壊し900人以上が避難しましたが、現在91人が行方不明とされており、1,500人の救助隊により必死の捜索が行われています。

地滑りを起こした地域では、建築廃材の違法な埋め立てが横行しており、堆積物が100メートルの高さに達するところもあったことから、自然災害ではなく人災との見方でも調査が進められています。

被害面積は10万㎡(東京ドーム2.1個分)にもおよびます。.近くにあった天然ガスパイプラインも爆発を起こし、香港への天然ガスの供給も止まっているようですが、電気供給には問題がないと発表されています。

一人でも多くの方が救助されるよう祈るばかりです。広州の日本総領事館によると、日本人や日本企業の被害は今のところ確認されていないようです。

※写真は新華網より