行政長官の娘、ハロウィンで母親にビンタ!

更新日:2015年11月03日
LINEで送る
Pocket

行政長官の娘

10月31日、香港の行政長官 梁振英(日本の総理大臣にあたる)の長女(24歳)梁斉昕が、ランカイフォンで開かれたハロウィンパーティーにゾンビメイクで仮装をして参加し、路上で母親にビンタをするという大きな騒ぎが起こりました。

早朝3時頃、パパラッチに撮影される中、母親が娘と一緒にタクシーに乗ろうとしたところ、娘が拒否をしイキナリ母親にビンタ!その直後、野次馬に対して「この母親と私は血がつながっていないのは知ってるでしょ?」と言い放ち、男友達といっしょにタクシーに乗っていったそうです。(公式上、一緒にいた母親は実の母親となります。)

梁齊昕は、精神状態が不安定であることで知られていますが、行政長官の娘ということで大きなストレスも抱えているのかもしれません。これまでの梁齊昕の問題発言・行動の一部をご紹介します。

・2014年、「このブランド品は香港市民の税金で買ってるのよ」と雨傘革命時にフェイスブックで発言。
・2014年、自殺をほのめかす発言、リストカットのような画像をフェイスブック上でアップ。
・2014年、突然、家出をするとフェイスブック上で発言。

梁齊昕の今後が気になります。