元朗で工場の爆発事故が発生、原因調査中

更新日:2015年09月21日
LINEで送る
Pocket

昨日の午後、新界(ニューテリトリー)の元朗(げんろう、ユンロン)のリサイクル工場で大きな爆発事故があったとして、巨大な黒煙を上げる工場の写真が複数の紙面で取り上げられています。

午後1時頃、25台の消防車が呼び出され、4時間にわたる消火活動により無事消火が完了したようです。

爆発があったのは、電気・電子機器廃棄物を主に扱う工場であり、許可なしに爆発の可能性のある危険物が使用・保管されていたのではないかと疑われています。

幸いにも、先月の天津の爆発事故のように、近隣の土壌や水源への危険物質の流出は報告されていません。消防局により現在、調査が進められています。