9月12日、iPhone6s予約開始!日本との性能の違い

更新日:2015年09月10日
LINEで送る
Pocket

本日、アップル社の香港ホームページにて「iPhone6s」の予約開始が発表され、日本と中国と同じく9月12日に決まりました。販売日は9月25日となりました。

iPhone6s 128GBで価格比較すると、香港は7,188HKD(約111,800円)、日本は110,800円、中国においては6,888RMB(約135,600円)となっています。日本の消費税を加算後は香港が一番安くなります。

近年、日本のアップルストアで購入できるiPhoneもシムフリーとなりましたので、香港iPhoneとの性能の違いは写真撮影時のシャッター音と言えるでしょう。香港iPhoneはシャッター音を消せますが、日本のiPhoneは必ず音が鳴るようです。

また、以前はシムフリーiPhoneを求めて香港iPhoneを買い占める日本人バイヤーが目立っていましたが最近は目にしなくなりました。その後は、中国大陸での転売目的でiPhoneを買い占める香港人や中国人バイヤーが増えていましたが、今回は同時予約が開始されますので、転売目的のバイヤーにはビジネスチャンスがないのかもしれません。

20150910