明日は警察出動!香港VS中国サッカー試合!

更新日:2015年09月02日
LINEで送る
Pocket

ワールドカップ予選

明日9月3日(19:35)、中国の深センにて2018年ロシアワールドカップの2次予選!「香港VS中国」が開催されます。香港はグループCに属しており対戦相手は中国、カタール、モルディブとブータンとなっています。

これまで香港と中国との間では、サッカー試合を通じて以下に紹介するようなトラブルが度々起こっており、これらのトラブルに備え深セン警察は、暴動のケースをいくつか想定し、会場での警察配備や監視、予行演習などをおこない対応すると発表しています。

1.人種問題トラブル(2015年)

外国人移民を積極的に受け入れてきた香港には、多くの人種の選手がいます。これに対して中国サッカー協会は「香港チームには黒い、黄色い、白い皮膚の人がいる。こんな序列のチームは破らなくてはいけない」というポスターを発行し、後に香港サッカー協会が猛抗議、最終的に中国サッカー協会が謝罪をおこなうという騒ぎがありました。

2.中国国歌トラブル(2015年)

6月16日におこなわれたワールドカップ2次予選のモルディブ戦で中国国歌が流れる。これに対して反中国とされる香港サポーターからの一斉にブーイングが巻き起こり問題となった。

スポーツは平和の象徴です。選手は当然ですがサポーターもスポーツマンシップに則り、楽しく応援して欲しいと願っています。