住みやすい都市ランキング、香港急落46位

更新日:2015年08月19日
LINEで送る
Pocket

英経済紙エコノミストの調査部門EIUが各国・地域における安定性、インフラ、教育、医療、文化、環境を調査し「世界の住みやすい都市ランキング2015」を発表しました。香港は昨年の31位から15位ダウンし46位、日本は15位となりました。

香港がランキングダウンとなった主な原因は、2014年の反政府デモであり「市民の不安、道路占拠、公共施設や店舗の営業不安」などがランキングダウンを招いたと見られています。しかし、香港市民の一部からは「ランキングダウンの本質は反政府デモではない。中国色に染まっていく香港の弱体化を世界中に示しているからだ」という意見も出ています。

今後、香港が住みやすい都市として上昇するためには政治的不安の解消に加えて、不動産の高騰を抑えることや、快適な住まいを求める一般市民に住居を提供できるような対策も必要となるでしょう。世界全体での46位は、まだまだ上位ではありますが、複雑な問題が解決され住みやすい都市へと変化していくことを願います。

なお、2015年のランキング1位はオーストラリアのメルボルンで5年連続!2位はオーストリアのウィーン、3位はカナダのバンクーバーとなりました。

住みやすい都市ランキング