性風俗店勤務の中国人が31人逮捕

更新日:2015年07月07日
LINEで送る
Pocket

昨日7月6日、油麻地(ヤウマテイ)の性風俗店で性的サービスをおこなっていたと疑われる20歳から52歳までの中国大陸人女性31人が、不法就労容疑で逮捕されました。‏

香港では、いかなる場合でも外国人の労働には働くためのビザ取得が必要となりますが、当然ながら性風俗店の勤務となればビザが許可されることありません。その為、このような職種の労働者の多くが不法就労者と見られており、香港警察とイミグレーションは不正行為を阻止するために定期的な捜査をおこなっています。今回の逮捕については、多くの不正の中の一部だといえるでしょう。‏

なお、香港では個人間の合意のもとの売春行為は違法ではありませんが、いわゆる管理売春は違法行為となります。管理売春が発覚すると雇用主および就業者の両方が厳しく罰せられます。‏