普通選挙を求めてデモ行進。1.3万人参加

更新日:2015年02月02日
LINEで送る
Pocket

普通選挙

毎年1月1日に行われていた普通選挙を求めるデモ行進が、今年は2月1日に行われ、1.3万人の市民が参加しました。(香港各紙)

2月へ延期となった理由は、1月7日に政府による普通選挙法案の2回目の公聴が行われることが分かっていたこと、2014年に79日間に及ぶ大規模デモを行なったことと言われています。

今回のデモは民主派の政治・民間団体により主催され、午後2時頃より銅鑼湾(コーズウェイベイ)から中環(セントラル)へ普通選挙を訴えながらデモ行進をおこない、抗議デモは午後7時頃まで続きました。

デモ行進の途中では普通選挙継続のための寄付を募ったり、デモのトレードカラーである黄色にちなんでトウモロコシをデモ行進参加者に配る光景も見られました。

2017年の普通選挙、2020年の立法会(議会)選挙に向け、香港の民主化運動はまだまだ続きそうです。

メールアドレス