「龍角散のど飴」は漢方薬?高裁で審理開始

更新日:2015年01月22日
LINEで送る
Pocket

龍角散のど飴

去年3月に香港衛生署から出された「龍角散のど飴」の回収命令に対して、香港の販売代理店は命令は不服とし、香港高等裁判所に申し立てをおこない21日に審理がはじまりました。(星島日報)

香港衛生署は、龍角散のど飴には漢方薬の成分が含まれており、漢方薬の登録が必要であるとしています。

一方、販売代理店側は、衛生署は化学検査をせずにパッケージで判断しているとし、非漢方薬の根拠を専門家と共にレポートにまとめて裁判所に提出しました。また、龍角散のど飴は「涼果(中国民間における体に良い食べ物)」の一種だとも訴えています。

審理結果は出ていませんが、日本の商品だけあって今後の展開に注目です。

このように、日本では問題ないとされているものでも各国のルールにより登録が必要なものや輸入自体が禁止されているものがあります。香港への商品等の輸出をお考えの方は、専門家や当社などにまずはご相談ください。‏

※画像は回収命令が出たものとは関係ありません。

メールアドレス