2014年MPFの平均利益率1.5%と低水準

更新日:2015年01月06日
LINEで送る
Pocket

2014年度のMPF(強制積立基金)の平均投資利益率が1.5%(一人当たりの平均利益は約2,900香港ドル)となり、過去3年間で最低の水準だったことが分かりました。(Bastille Post)‏

アメリカや中国の株式やファンドは10~11%の伸びだったのに対し、香港は3%、韓国やヨーロッパは4~5%の損失となったようです。‏

利益率が低水準になったことでの問題は発生していませんが、毎年の平均投資利益率はMPF加入者にとって注目される指標の一つとなっています。‏

MPFとは、日本の確定拠出年金に相当するもので、従業員の老後の生活費確保を目的に導入された制度です。基本的に、給与の10%(会社5%、社員5%)をMPF個人口座に積み立てます。詳しくは当社ページの「保険会社(MPF・労災・医療)」をご覧ください。‏

MPFでお困りの方は、当社にてアドバイスやサポートを致します。‏

メールアドレス