お菓子市場大激戦、ブランド買取店も参入

更新日:2015年01月05日
LINEで送る
Pocket

香港の高級ブランド買取店「米蘭站(Milan Station)」の役員2名が個人出資により、日本のお菓子や加工食品を中心に取扱う「松坂庫」を2014年にオープンしました。(Apple Daily)

米蘭站は中国大陸の旅行客をメインターゲットに営業をおこなってきましたが、中国大陸の習近平国家主席が力を入れる「倹約令」により売上が減少、今後も売上増加は見込めないだろうと予測しています。

そこで米蘭站の役員が目を付けたのが、香港企業「阿信屋(おしん屋)」です。阿信屋は日本や韓国を中心としたお菓子を店舗販売する企業で、日本や海外の卸業者や製造元より直接商品を仕入れて低価格販売を実現しています。日本や韓国のお菓子は香港人や中国人に非常に人気となり、阿信屋は約4年間で200店舗まで拡大しました。今後も更なる拡大が見込まれていることから、米蘭站が注目したと見られています。

メールアドレス