オキュパイド・セントラルの発起人3名が出頭

更新日:2014年12月04日
LINEで送る
Pocket

オキュパイド・セントラルの発起人3名が出頭

香港各紙によると12月3日「オキュパイド・セントラル」の発起人戴耀廷(香港大学助教授)、陳健民(香港中文大学助教授)、朱耀明(キリスト教牧師)の3名が警察へ出頭しました。警察は3人の出頭記録を作成しましたが、すぐに解放したとのことです。

発起人3名は「未許可の状態で公で集会を開いたことは《公安条例》に違反する」として出頭し、彼らに賛同した65名も出頭、警察で手続きを終えた後に警察署を後にしました。

発起人の一人である戴耀廷は警察を出た後、「警察は調書内容を今回のデモ用に特別に作成していた。内容には『あなた(出頭者)は自分が公安条例のどれに抵触した』など7、8個の罪状が列記されていた」と明かしました。また、発起人3名は逮捕者リストや事情聴取を取る対象だと認識されていないため逮捕までには至りませんでした。

戴耀廷は、「今回は多くの人に迷惑をかけたが、いつか香港人は(今回のデモの意味を)分かってくれる。平等な政治制度がなくなれば、香港にバランスの取れた社会はなくなる。」と今後の香港に危機感を募らせています。

今回、発起人3名が自首したセントラル警察署内には、三合会(香港マフィア)の調査でデモ担当官が十分におらず、他の署からも応援がきていたそうです。香港はとても治安のいい地域です。警察が民主を訴えるデモで手を取られ、治安が悪化するなどと言うことがないよう祈ります。
メールアドレス