外国税額控除とは

外国税額控除とは、国際的な二重課税を調整するために、外国で納付した外国税額を一定の範囲内で日本の税額から控除する仕組みを言います。

日本居住者や日本法人が得た所得は、基本的に国内外の源泉所得を問わず「全世界所得」に対して、所得税または法人税が課されます。しかし、日本国外で稼得した所得については、相手国で課税されることがあるため、二重課税を排除するために、外国税額控除が制定されました。

加えて、香港と日本は租税条約が締結されているため、配当・金利利息・ロイヤリティの税の軽減措置が図られています。詳しくは、日港租税協定とはをご参照ください。

国際税務でお困りの方は、お気軽に当社へご連絡ください。
国際税務・国際会計の詳細とFAQ
国際税務・国際会計 お申し込み・お問合せ
メールアドレス