移転価格税制とは

移転価格税制とは、海外関連会社間取引を通じて、取引先の国へ故意に利益移転する事を防止するための制度です。

移転価格税制は、利益を不当に移転させることで問題となるため、法人税率が低い香港よりも、法人税率が高い日本や中国本土でトラブルが起こりやすくなります。移転価格税制の法律は各国で異なります。例えば、「移転価格税制の文書化」についてです。

中国本土では、一定の基準に達した企業には「移転価格税制の文書化」をおこなう義務があり、怠った場合は違法となりペナルティが課せられます。

香港は文書化の義務はありませんが、2009年の移転価格ガイドラインで関連書類の準備、保存を奨励しています。万が一、税務調査により資料提出を求められた場合は提出をおこなわなければなりません。

日本の場合も、文書化は義務ではありませんが、税務調査等で正当な価格を証明するために文書化はしていた方がよいと言えます。転価格税制が適応されると効果的な対応が難しくなるため事前準備が重要となります。

国際税務でお困りの方は、お気軽に当社へご連絡ください。
国際税務・国際会計の詳細とFAQ
国際税務・国際会計 お申し込み・お問合せ
メールアドレス