飲食店の売買仲介は可能ですか?

飲食店(レストラン)の売却や購入をお考えの方は当社までご連絡ください。

飲食店を売却したい場合

一般的に飲食店は、株式譲渡・事業譲渡の2つの方法での売却します。

株式譲渡とは会社自体(店舗を含む)を売却することを指し、事業譲渡とは複数店舗の一部店舗を売却する、というように考え頂ければ分かりやすいと思います。

飲食店の売却を検討する際は、賃貸の中途解約となるため、賃貸契約書の確認と売却の可否を不動産オーナーに必ず確認する必要があります。商業施設物件の場合、事業譲渡に制限がある場合が殆どとなり、中には株式譲渡にも制限がある場合があります。

不動産オーナーに確認の上、売却に問題がなければ売却先を探すフェーズに入ります。
高値で売却したい場合は、ご自分のネットワーク内で購入者を見つける方法が一番ですが、ネットワークの限界や多くの時間を費やす可能性を考慮する必要があります。通常、店舗売却を検討する飲食店は素早い売却を希望することから、一般的には当社などの専門家に依頼をして購入者を募ることが多いといえます。

飲食店を購入したい場合

飲食店の購入を希望する場合は当社にお問合せください。

タイミング次第では、売却店舗情報を提供できる場合があります。優良物件や居ぬき物件もお任せ下さい。

購入価格は、売却店舗が利益を出せている場合と、出せていない場合とでは評価方法が異なります。

利益を出せている場合は、ある程度の適正価格を導き出せますが、利益が出ていない店舗の場合は、購入者の独断で店舗評価がおこなわれるため、購入者により希望価格が大きく異なります。なお、取得済みの飲食ライセンスは評価対象ですが、造作費(内装や厨房設備など)は評価対象になるとは限りません。

また、売却物件や優良物件の情報をいち早く仕入れるためには、飲食に強い不動産屋、居ぬき物件を扱う不動産屋、そして各飲食店オーナーとの日々の交流が重要となります。公に売却物件や優良物件の情報が流れることは少ないため、このような交流の中で決まってしまう場合も多くあります。必要に応じて当社までご連絡ください。

ご質問がございましたら、いつでもご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス