香港人に合わせた味付けや調理は必要ですか?

香港で飲食店を展開するにあたり、香港人向けの味付けや調理は必要ですか?という質問を多く受けますが、無理に香港人に合わせる必要はありません。(若干の調整は必要となる場合はあります。)

香港人の中にも、本物の日本食を食べたいという方が大勢いますし、香港にある日本食店舗でも日本と同様の味付けや調理方法で料理を提供する飲食店も多くあります。

例えばラーメン店の場合は、香港人の味覚に合わせて、ラーメンスープの塩分を少し落とすことが多くあります。日本食店の場合は、香港人は酸っぱいものが一般的に苦手と言われているため、ポン酢の酢を減らしたり、代わりにゴマだれを使ったりもします。

味付け以外では、香港人が好むようにメニューの幅を広げる飲食店もあります。例えば、ラーメン屋では香港人が好きなトマトスープをメニューに加えたり、カレー屋であればオムライスカレーを取り入れたりします。高級店の場合は、日本同様のメニューで展開することが多いですが、大衆店に近づくほどメニューの幅が必要になるかもしれません。

ご質問がございましたら、いつでもご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス