調理師免許は必要ですか?

香港には、調理師免許制度のようなものがないため調理師免許は不要です。

香港人シェフの採用は、職歴、経験、知識などを総合的に判断をして決定します。日本食のシェフを採用する場合は、寿司・刺身、揚物、焼物、煮物などの知識や経験の高いシェフを見極めることが大切です。ラーメン、焼肉、カレーなどの専門店では同業態での経験や知識、マネージメント力の見極めが重要といえます。

一方、日本人シェフの採用時には、特に注意が必要です。

香港でシェフとして働く場合は取得難易度の高い「シェフビザ」という専門職のビザが必要となります。調理免許はビザ申請上での強みとなりますが、イミグレーションでは職歴も重要視される傾向があります。ビザ取得でお困りの際は当社までご相談ください。

ご質問がございましたら、いつでもご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス