調理技術指導

和食洋食問わず、調理指導の立場であれば、その分野での一通りの調理方法を習得している必要があります。
居酒屋であれば天婦羅、寿司・刺身、焼鳥、出汁の取り方など、ラーメン店では製麺知識からスープまでの調理知識などになります。

基本的に従業員への調理技術指導は、料理長が行います。香港は、日本とは違い調理済みの業務用食材が少ないことから、焼き物、揚げ物、寿司・刺身などの専属担当をそれぞれ振り分けて調理をおこなう必要があります。レシピや調理方法のマニュアル、盛付写真などを用意し、調理指導をおこなうことが大切です。

注意すべき点は、シェフの入退社で味や盛付が不安定になってしまう事です。誰が調理をしても均一な味付と盛付ができるようなシステム作りが重要ですが、それでも具材を忘れたり、分量を間違えることは頻繁にあるため、ホールスタッフと連携して品質管理をおこなえる体制づくりも重要です。

当社としては、繊細な味覚を持ち調理をおこなえる日本人料理長の雇用をお勧めしますが、香港人の中にも和食の技術と知識を持つシェフはいます。

調理指導ができる日本人料理長は当社からご紹介できる場合があります。
ご質問がございましたら、いつでも当社までご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス