接客サービスなどの教育

香港には日本のようなサービスの品質が高い飲食店は少なく、従業員の入れ替わりも激しいため、従業員教育では苦労します。日本並みのサービス水準にするためには、マニュアル整備はもちろんこと、徹底した社員教育が必要となります。

香港と日本では習慣や常識が異なるため、日本人の感覚で当然だと思っていることでも、香港人には理解できないことが多くあります。そのため接客マニュアルでは、笑顔、服装、挨拶、席への案内、オーダーの取り方など、細かく明文化することをお勧めします。

教育方法として、飲食経験者の日本人スタッフがいる場合は、その方が責任者として日本式のサービスを香港人スタッフに指導することをお勧めします。日本人スタッフがいない場合は、香港人の責任者を雇用し、まずはその責任者へ日本式のサービスを刷り込む必要があります。そしてその責任者が、香港人スタッフの指導をおこなうことで効率的なスタッフ教育が実現できます。

日本の飲食店のサービスレベルは世界でもトップレベルですが、香港の飲食店のサービスレベルは先進国の中では下位となります。香港での接客サービスの教育は非常に労力が掛かりますが、香港には無い日本のサービスを提供できれば、間違いなく香港人のリピート客は増えるでしょう。

ご質問がございましたら、いつでも当社へご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス