日本人や香港人の雇用方法

日本人や香港人の雇用方法は、役職やビザの状況により異なります。

日本人の雇用方法

日本人を採用したい場合は、日系人材紹介会社、海外求人サイトへの登録、知人からの紹介、他店でのヘッドハンティングなどの方法が主流です。

就労ビザの申請が必要な場合は、香港人では代替できない経験や能力の持ち主であることをイミグレーションに説明する必要があるため、ある程度の給与と役職を与える必要があります。なお、シェフに対するビザについては、年々取得が厳しい状況となっているため、より慎重にビザ申請をおこなう必要があります。ビザについては当社にて「ビザ取得(VISA)」サポートが可能です。

香港人の雇用方法

香港人を探す場合は、香港系就職サイトや雑誌、知人からの紹介、他店でのヘッドハンティングなどの方法が主流です。

香港人の責任者を雇う場合は、就職サイトなどでは、能力を十分に判断できないため、知人からの紹介が最適です。初めてお店を開店する場合は、香港人の店長と料理長を最初に雇用し、その両責任者に香港人スタッフの募集、面接、雇用をアレンジさせるのが一般的です。

香港人スタッフをお探しの場合は、当社でもアレンジが可能です。
不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス