飲食店従業員のビザ取得について

飲食店でのビザ取得は難しいと言われていますが、一定条件を満たすことでビザ取得は可能です。

自らが株主となり、飲食店経営をおこなう場合は投資ビザの適用となりビザ取得がしやすくなります。

マネージャーとして勤務する場合は、香港人では代用できない人材である事のアピールが大切です。

しかし、料理人の職位は、香港人でも代用できると考えられており、ビザ審査が厳しなるため緻密なビザ戦略を立てた上でのビザ申請が重要となります。

ビザについての詳細は「ビザ取得(VISA)」ページをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、いつでも当社までご連絡ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス