日本食の進出状況の把握

1990年代は個人事業型の総合日本食店がほとんどでしたが、2000年前後より企業型飲食店(チェーン店)が増えています。

「吉野家、味千ラーメン、元気寿司、和民」は十年以上前から進出しており、現在でも繁盛店となっています。
最近では「牛角、CoCo壱番屋」などが進出しており、日本と同様に専門店化が進んでいます。

最近の繁盛店の傾向としては、日本人職人を伴う個人専門店(寿司、ラーメン、焼肉、焼鳥など)が流行っています。

また、香港は法整備、日本文化への理解、物流環境などが整っており、海外で最も飲食店進出がしやすい地域といえます。日本食のクオリティーも高く、競合店でひしめき合っている地域となるため、香港進出の際には、事前のマーケット調査、立地選定、事業計画の策定が非常に重要といえます。

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス