部屋が現状回復・現状復帰できない

物件から退去をする場合は、入居時の状態に現状回復(現状復帰)をし退去をおこないます。

何かしらの理由により、現状回復ができない場合は、不動産オーナーへの事前連絡が必要です。

現状回復に費用がかかる場合、契約時に支払いをした保証金が回復費用にあてられます。

保証金だけでは回復できない場合は、追加費用が必要となる場合もあります。

原状回復にかかった費用の明細を必ず不動産オーナーより受け取ってください。

後々のトラブル回避にもなります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
不動産詳細とFAQ
香港不動産(賃貸物件) お申し込み・お問合せ
メールアドレス