契約期間の決定と更新について

賃貸物件の契約期間の決定は重要項目の一つと考えられます。

一般的に、賃貸物件の契約期間は2年(オフィスの場合は3年)と設定されますが、更新時の値上がりを警戒し契約期間を長めに設定したいという要望も多くあります。その場合は不動産オーナーに期間交渉をおこないます。

また、2年契約の場合、1年目をフィックス期間、2年目をオプション期間とするのが一般的です。

1年目のフィックス期間内は、中途解約ができません。中途解約し退去する場合は、保証金の没収に加え契約に基づくペナルティが発生します。 2年目のオプション期間内は、1-2ヵ月前に退去通知をおこなえば退去が可能となる期間のことを言います。1年目と2年目の家賃は変わらないことが多いですが、場合によっては大家が家賃増額を要求してくることがあります。契約内容は、各物件において異なりますので随時丁寧に説明いたします。

契約更新は、契約終了日の2ヵ月前から手続きを始めるのが理想です。

基本的に契約更新は、契約者と不動産オーナーで直接おこない、初回契約時とおなじく契約書の締結、不具合の報告、家賃交渉などをおこないます。

ご不安な場合はサポートが可能ですので、まずはお問い合わせください。
不動産詳細とFAQ
香港不動産(賃貸物件) お申し込み・お問合せ
メールアドレス