契約交渉について(家賃交渉など)

不動産契約前の交渉は非常に重要です。契約交渉は当社にお任せください。

家賃交渉

家賃交渉に応じるかは不動産オーナー次第ですが、家賃交渉は必須といえます。
仲介会社の交渉能力により、契約価格に若干の差が生じる場合があります。

契約期間の交渉

香港では契約更新時の賃料値上がりが日常的に起こるため、契約期間の交渉は非常に有効です。
一般的に、賃貸住宅の場合は2年契約が基本となり、最初の1年間は契約解除ができない固定期間(フィックス)、残りの1年間は1−2ヶ月前通知により双方が契約解除できる更新期間(オプション)となります。
オフィス物件の場合は、2~3年の固定期間(フィックス)での契約が一般的です。

内装の交渉

床、壁、天井の汚れや、ドアや鍵が破損している場合などは、取換えや修理の交渉ができます。
また、内装を大幅に大幅に変更する場合は後のトラブル回避のためにも事前の相談が大切となります。

設備・家具の交渉

備え付けの設備や家具などが壊れている場合や撤去して欲しい場合は、新しい設備を買ってもらうことや撤去してもらうことも含めて、家賃交渉をおこなうことが重要です。
その他、交渉が必要となる場面は様々ありますので、交渉能力の高い、仲介会社をお探しのかたは当社までお問合せください。
不動産詳細とFAQ
香港不動産(賃貸物件) お申し込み・お問合せ
メールアドレス