失敗しないプライベートバンクの選び方

プライベートバンクを選ぶ際のポイントは、銀行の健全性、プライベートバンカー(担当)、資産運用・資産管理の経験や実績、最低預入金額になると考えます。

銀行の健全性では、銀行自体とプライベートバンク事業の両面を検証する必要があります。外資系銀行は、事業の進出と撤退を頻繁に行うため、プライベートバンクが事業縮小、売却、閉鎖の動きを見せている場合は、別のプライベートバンクを選択した方がよいでしょう。

プライベートバンカーについては、担当プライベートバンカーとの優れた関係が構築できるのかを判断することが大切です。一般的に担当プライベートバンカーとは長期的な付き合いになります。

資産運用では、商品の種類、商品の幅、運用ポリシーなどを他社と比較できると思われます。

資産管理では、お客様の求めるサービスについて相談し、最終判断をおこなってください。

最低預入金額の設定は、各プライベートバンクにより異なります、銀行ブランドに惑わされずに、お客様の資産状況に見合ったプライベートバンクを選択することが非常に大切です。

当社の元プライベートバンカーがお客様の希望に合わせてプライベートバンクをご案内致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
プライベートバンクでの良くある質問(FAQ)
プライベートバンク お申し込み・お問合せ
メールアドレス